【公式】MSM OEM・受託製造(小ロット生産)

Nアセチルグルコサミン配合商品の小ロット生産

Nアセチルグルコサミン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。Nアセチルグルコサミンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

MSMのウェブマーケティング情報

MSM原料一覧

MSMについて

MSMは痛みや炎症を和らげ、体を温める働きがあるイオウ化合物

MSMは、痛みや炎症を和らげ、体を温める働きがあるイオウ化合物です。 すべての生き物に存在し、人間の関節の軟骨、筋肉、皮膚、髪の毛および爪にも含まれています。 MSMは、疼痛および炎症の軽減、優れた鎮痛作用や抗炎症作用を有することが知られています。

MSMの正式名称はメチルスルフォニルメタン

MSMの正式名称はメチルスルフォニルメタンといい、骨、皮膚、細胞組織に必要なコラーゲンを健康に保つ働きをし、健康な体組織をつくるための必須成分です。関節痛や筋肉痛を和らげたり、炎症の抑制効果があると期待されています。
MSMはすべての生物に存在し、さまざまな食材に含まれるイオウ成分を含む物質です。イオウは人体のたんぱく質に含まれるミネラルで、皮膚、髪の毛、爪の形成に作用します。また、糖質や脂質の代謝をサポートする役割も果たしています。 MSMは、質量の約34%がイオウ元素で構成された成分です。
MSMは、人間を含む動物の副腎、母乳、および尿にも見られ、システインやメチオニンなどのアミノ酸の構成成分であるイオウの供給源です。そのため、アミノ酸の構成成分として、体組織である軟骨、骨、腱を作るための重要な成分です。
MSMは健康に欠かせないもので、新鮮な果物、野菜、牛乳、穀物などに含まれていますが、その量は非常に少ないため、サプリメントで補うことが重要です。

MSMがもつ作用には関節炎、腱炎、筋肉のけいれんなど幅広い効果が報告

1980年代以降、MSMについて多くの研究が行われてきました。 特に、炎症および鎮痛を抑制することの効果は特に早くから取り組まれています。 現在のところ、MSMがもつ作用には、関節炎、腱炎、筋肉のけいれん、腰痛、関節リウマチ、アレルギー症状、インスリン抵抗性の改善、炭水化物代謝の改善、創傷治癒速度の改善、髪の毛や爪の改善、コラーゲン合成の改善などに幅広い効果が報告されています。 近年、MSMは間質性膀胱炎の治療に特に有効であることが注目されています。

MSMは関節炎やリウマチなどの関節痛を軽減する成分

MSMは、天然に存在するイオウ化合物です。疼痛や炎症の抑制に効果があると期待されており、関節炎やリウマチなどの関節痛を軽減する成分です。
関節炎は、原因によって、感染性関節炎、変形性関節症、関節リウマチを始めとする炎症性関節炎に分類されます。関節疾患の中でも、変形性関節症が特に頻繁に見られ、関節や股関節に頻繁に起こることが知られています。高齢者で発症するが、関節の軟骨組織および周囲の組織で起こり、痛み、関節の硬直、機能障害を引き起こします。
一方、関節リウマチは免疫系の異常により関節の滑膜細胞が増殖し、骨や軟骨の破壊を伴う関節炎を引き起こす自己免疫疾患です。病因は、遺伝的および環境的要因があり、複雑に絡んで炎症反応を誘発していると考えられています。環境要因には、ウイルス、細菌、マイコプラズマなどの感染症が含まれます。
軟骨のプロテオグリカンや特定の糖ペプチドにも関節炎を誘発する能力を有することも知られています。様々な研究により、MSMが関節炎の病態を抑制したことが示されています。

イオウはアミノ酸の構成成分として重要な体組織を作り出す

通常、ミネラルは生体内で他の元素と結合しないという性質を持っていますが、イオウは除いて、たんぱく質の成分であるシステインというアミノ酸に含まれています。そのためイオウは、アミノ酸の構成成分として重要な体組織を作り出すのに役割を果たします。たんぱく質の作用は大きく異なりますが、髪、爪、皮膚を構成するたんぱく質は非常に丈夫です。イオウは、たんぱく質の成分として、皮膚を強化し、髪にツヤを与え、健康な爪を作り出すように働きます。イオウは、軟骨、腱、骨などの成分にも含まれています。医薬品のスキンクリームや軟膏には、肌のトラブルに効果的に働くためにイオウが含まれています。
また、イオウはビタミンB群とともに、代謝にも作用します。食品からエネルギーを生み出すためには酵素が必要です。酵素を機能させるのが補酵素です。イオウはビタミンB1やパントテン酸と結合して補酵素を形成し、糖質や脂質の代謝に働いています。
さらに、イオウには解毒作用があり、有害なミネラルの蓄積を防ぎ、肝臓の胆汁分泌を助けるなど多くの作用があります。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す