【公式】ビルベリー OEM・受託製造(小ロット生産)

ビルベリー配合商品の小ロット生産

ビルベリー配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。ビルベリーを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

ビルベリーのウェブマーケティング情報

ビルベリー原料一覧

ビルベリーについて

ビルベリーはアントシアニンを豊富に含む

ビルベリーは、青紫色の色素「アントシアニン」を最もたくさん含むブルーベリーの一種です。 欧州では医薬品として商品化される程、健康への効果があります。
小さな酸っぱい果実に含まれる豊富なアントシアニンは、目の健康を維持することが知られています。 より吸収能力を有するナノビルベリーと呼ばれる特許成分も発売されています。

ビルベリーはブルーベリーの一種

ビルベリーはブルーベリーの一種です。 それは青紫色の果物が付いている20~60 cmの落葉性の低木です。
果実の大きさは約7 mmと非常に小さく、果肉は柔らかくてつぶれやすく、強い酸味があります。
このため、一般的にビルベリーの果実を生で食べることはあまりなく、ほとんどがジャムやジュースに加工されています。
ビルベリーの果実や葉は、食用や薬として人々の生活と長い間密接に関連してきました。
北欧では、ジャム、ジュース、シロップなどにして整腸剤として食べられています。
ビルベリーは、青紫色の色素「アントシアニン」が豊富で、果実の中心まで青紫色に染まっています。
近年、サプリメントの原料として多く使用されており、サプリメントの原料としてより吸収力の高い「ナノビルベリー」という特許成分も販売されています。

ビルベリーに含まれるアントシアニンは目の機能を改善する

ビルベリーに豊富に含まれているアントシアニンについての目に関するが始まったきっかけなった有名なエピソードがあります。 第二次世界大戦中、ビルベリージャムが大好きで、毎日食べていた空軍のパイロットがいました。
夜間飛行や朝の攻撃の間に、「薄暗い光の中で、物事がはっきりと見えていた」という証言したことによって、イタリアやフランスでブルーベリーの機能性の研究が始まったのです。 その結果、ビルベリーに含まれるアントシアニン色素は、目の機能を改善する効果があることがわかりました。

ビルベリー中のアントシアニン量に注目

第二次世界大戦後、フランスやイタリアで、目をよく使う夜勤労働者の運転手やパイロットでビルベリーの効果を試し、薬としての有効性を研究が進みました。
臨床試験を進めた結果、1976年にイタリアで、「Tegenus」と「Mirtilene Fort」いう商品が初めて医薬品として承認されました。
この商品は、現在でも眼の疾患の治療薬として使用されています。
さらに欧州では、血管障害、糖尿病および心循環器病の医薬品や眼科で使用するための医薬品が開発されています。
現在、ビルベリー中のアントシアニン量に注目が集まっており、ビルベリーから抽出された色素の研究が進められています。

ビルベリーの原産地は北欧

ビルベリーの原産地は北欧で、スカンジナビア半島から標高の高い南部ヨーロッパ地帯にかけて広く生息しています。 ビルベリーの加工品は、主にスウェーデン、フィンランド、ノルウェーで生産されています。

ビルベリーはブルーベリーの中で最もアントシアニンが多い

ビルベリーの果実は小粒ですが、内部までしっかりと色素が詰まっていて、目に良いと言われている「アントシアニン」の量はブルーベリーの中で最大と言われています。
ビルベリーが大量のアントシアニンを含んでいる理由は、夏に起こる「白夜」と呼ばれるという1日中太陽が沈まない現象が関係しています。
ビルベリーは、太陽の紫外線から身を守るため、青紫色の色素であるアントシアニンが豊富に含むようになり、強い抗酸化力を持つビルベリーになります。
ビルベリーは、ブルーベリーの中で最もアントシアニンが多く、一般的なローブッシュブルーベリーの約2倍、ハイブッシュブルーベリーの5倍で、ビルベリーはブルーベリーの中で特に高い機能性を持っていることがわかります。

ビルベリーは、15種類ものアントシアニンが含まれる

ビルベリーは、15種類ものアントシアニンが含まれており、ビルベリーの学名であるVaccinium myrtillusと、色素名Anthocyanosideの頭文字をそれぞれとって、「VMA」と呼ばれます。

ビルベリーは亜鉛やマンガンなどのミネラルを含む

ビルベリー果実の特徴は、ミネラルの一種である亜鉛とマンガンが他の果実よりはるかに豊富であるということです。
亜鉛は、体内のミネラルで鉄の次に多いと言われています。生命に不可欠な酵素のための材料になったり、細胞再生を促進したりと様々な機能を促進します。
また、代表的な欠乏症としては、味覚障害です。 亜鉛は、近年加工食品などに含まれる亜鉛の吸収を阻害する添加物の摂取により不足しやすいミネラルであると言われています。
マンガンは、他のミネラルと協力して骨を強化し活性酸素を取り除く働きがあります。
ビルベリーは生き残るために不可欠なミネラルが含まれています。

ビルベリーは生で食べることができる果物

ビルベリーは生で食べることができる果物ですが、収穫量は季節によって異なり、強い酸味があるため加工食品としてよく使用されます。
例えば、ドライフルーツ、ジャム、フルーツソース、果汁、抽出エキスなどがあります。
また、染料としても使用されることがあります。

ビルベリーの葉にはポリフェノールが多く含まれる

ビルベリーの葉には、カテキンやケルセチンなどのポリフェノールが多く含まれており、ドイツでは医薬品として使用されています。
ビルベリー葉エキスは化粧品原料として配合しても美肌効果・抗酸化作用があると非常に期待されていることが注目されています。
近年、ビルベリーの葉から抽出されたエキスに肌荒れを防いだり、肌の潤いを保ったりする働きがあることがわかってきました。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す