【公式】ルテイン OEM・受託製造(小ロット生産)

ルテイン配合商品の小ロット生産

ルテイン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。ルテインを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

ルテインのウェブマーケティング情報

ルテイン原料一覧

ルテインについて

ルテインは眼の水晶体や黄斑部に存在している成分

ルテインは、眼の水晶体や黄斑部に存在している成分であり、強力な抗酸化作用があります。
緑黄色野菜などによく含まれる黄色の天然色素で「天然サングラス」とも呼ばれます。
黄斑変性症や白内障などの加齢による眼疾患に対して効果が期待され、予防や症状の改善に働きます。

ルテインは抗酸化作用を持つ天然の黄色い色素

ルテインは一種のカロテノイドで、抗酸化作用を持つ天然の黄色い色素です。
ルテインはファイトケミカルの一種で、マリーゴールドなどの黄色い花弁、ほうれん草、ニンジンやカボチャなどの緑や黄色の野菜、そして植物の緑葉などに多く含まれています。
目の老化の原因となる活性酸素を減らし、テレビや携帯電話などから放出される有害な青い光(ブルーライト)や紫外線を吸収して目を保護しています。

カロチノイドはカロテン系とキサントフィル系の2種類

カロチノイドは600種類以上存在すると言われており、大きく分けてβ-カロテンやα-カロテンなどのカロテン系と、ルテインやゼアキサンチンなどのキサントフィル系の2種類があります。
ルテインが分類されているキサントフィル(Xantho)はラテン語では「黄色」、フィル(Phill)は「葉」を意味する単語で、クロロフィルと呼ばれる葉緑素を持つ植物の葉や花に含まれ、 色を示す成分です。
イチョウのような黄色い葉に紅葉する植物は、秋に寒波が来ると葉に含まれるクロロフィルが破壊され、キサントフィルが葉に残るのことで、美しい黄色の紅葉になります。

ルテインは眼への効果で高く評価されている栄養素

ルテインの研究において特に興味深いのは、抗酸化作用です。
ルテインは、体内では主に眼の黄斑部、水晶体、皮膚、乳房、そして大腸に存在し、特に眼への効果で高く評価されている栄養素です。
目は人体の体外で露出している唯一の臓器であると言われており、まぶたが開いている間、それは休むことなく光にさらされ続けています。
光には、紫外線、蛍光灯、電球灯、携帯電話、パソコン、テレビなどから発生する青色光(ブルーライト)が含まれており、これらが活性酸素の原因となります。
青色光は短波長の光であり、特に強い光を持つと言われており、目の細胞へのダメージも強いので、人間の目は活性酸素が非常に発生しやすい環境にあると言えます。
黄斑部や水晶体に含まれるルテインは、有害な光によって発生する活性酸素を除去し、過剰な発生を防ぐ効果があります。

ルテインは有害な光や活性酸素から目を守る

ルテインが存在する水晶体は、人間の目の中でレンズの役割を果たす部分です。
人間が目の中のものを認識すると、水晶体では外側から入ってきた光を屈折させ、私たちがイメージとして見たものの形と色を結ぶ働きをしています。
水晶体は直径1㎝程度の器官ですが、毛様体筋という筋肉によって厚さを変えることができ、遠くを見ると薄くなり、近くに見ると厚くなります。
水晶体に含まれているルテインの中で、青い光(ブルーライト)を防ぐためのフィルターの役割を果たしています。
網膜の一部である黄斑部は、カメラではフィルムの役割であり、眼球の内壁である網膜の中心部にある直径約2㎜、厚さ0.2㎜の非常に小さい部分です。
黄斑部は、外界から入射してきた光が、角膜と水晶体を通して屈折した後、像を結ぶ場所である。したがって黄斑部は、眼球で光が最も目に集まる部分であり、視力を支えると言えるでしょう。
ルテインは、水晶体や黄斑などの人間の目の重要な部分に存在することで、有害な光や活性酸素から目を守っています。

ルテインは年齢とともに減少

ルテインは、もともと人体に存在する栄養素ですが、体内で合成することはできません。
体内に存在するルテインは、年齢とともに減少します。
黄斑変性症や白内障などの眼疾患が加齢により増加するのは、体内のルテイン量の減少に関連している可能性が示唆されています。目と体の健康の維持するために、毎日の食事とサプリメントから積極的に摂取することが必要です。

野菜から十分なルテインを摂取するためには

ルテインを含むカロテノイドは、脂溶性成分であるため、ホウレンソウなどの緑黄色野菜からルテインを摂取するには脂質と共にとることが効率的です。
脂質と一緒に摂取することでルテインは油に溶け、吸収が良くなると考えられています。
しかし、野菜から十分なルテインを摂取するためには、少なくとも人参では10本以上、ホウレンソウでは4株以上を食べる必要があり、毎日の食事から十分な緑黄色野菜を摂取するのは容易ではありません。
定期的にルテインを摂取する人々は、網膜にルテイン量が多く存在することが知られています。 網膜中のルテイン量は食事や生活環境の影響を受けると言われており、十分な量のルテインを摂取し続けることが重要です。

ルテインは1日6mg以上服用するのがお勧め

ルテインは、日本の眼科医も注目している成分であり、ルテインサプリメントを使用して目の健康を守る眼科も増えています。
ルテインは、1日6mg以上服用することをお勧めしますが、病気の予防のためには10mg程度服用するのが良いと言われています。 これはミニトマトなら666個、にんじんなら21本分に相当します。
2004年に発表された論文は、1日当たり10mgのルテインを摂取し続けることが、年齢によって増加する目の病気の予防に役立つことを示唆しています。

効率的にルテインを体内に摂取するには

さらに、ルテインはその吸収を向上するためにビルベリーエキスと一緒に摂取するとよいと言われています。 サプリメントでルテインをより効果的に摂取するためには、ビルベリーエキスを含むサプリメントと一緒に飲むことによって、より効率的にルテインを体内に摂取することが可能です。

フリー体ルテインとルテインエステル

ルテインサプリメントには2種類のルテインがあります。
一つ目はフリー体ルテインと呼ばれるルテインです。
フリー体ルテインは、体内に存在するのと同じ形に精製されたルテインです。 そのため、サプリメントとして摂取された後もそのまま吸収されます。
二つ目はルテインエステルと呼ばれるルテインです。
ルテインエステルはフリー体ルテインに脂肪酸が結合した抽出されて未精製のルテインです。 精製工程がないため、原料として安価ですが、人体に入ったときにそのまま吸収されることはありません。
摂取されたルテインエステルは、体内の酵素を利用して脂肪酸をルテインから分離することによってフリー体ルテインに変換された後、体内に吸収されます。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す