【公式】Nアセチルグルコサミン OEM・受託製造(小ロット生産)

Nアセチルグルコサミン配合商品の小ロット生産

Nアセチルグルコサミン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。Nアセチルグルコサミンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

Nアセチルグルコサミンのウェブマーケティング情報

Nアセチルグルコサミン原料一覧

Nアセチルグルコサミンについて

Nアセチルグルコサミンは関節の痛みをやわらげる効果

Nアセチルグルコサミンは、天然型グルコサミンと呼ばれるアミノ糖と呼ばれる単糖類の一つです。
人体には皮膚や関節部分の軟骨や目などに存在しています。
肌のうるおいを保つヒアルロン酸の生成を促し、関節の痛みをやわらげる効果があります。

Nアセチルグルコサミンとは、天然グルコサミンと呼ばれるアミノ糖

Nアセチルグルコサミンとは、天然グルコサミンと呼ばれるアミノ糖であり、これ以上分解できない糖の形の単糖類の一つです。 グルコサミンをアセチル化させたり、キチンを塩酸で加水分解して分離することによって得ることができます。
人体には、皮膚や関節部分の軟骨、間接液、目、脳などにたくさん存在しています。 ヒアルロン酸のものである成分なので、摂取することで軟骨の修復や肌をしっとりさせる効果があります。

Nアセチルグルコサミンは組織へ利用される割合がグルコサミンより高い

Nアセチルグルコサミンは2000年頃に実施された研究で、腸に吸収されその後、組織へ利用される割合がグルコサミンと比べて高いことが分かり、注目を集めています。
Nアセチルグルコサミンは、分子構造の違いから一般的なグルコサミンと区別するために名付けられました。
Nアセチルグルコサミンは、グルコサミンのアミノ基(NH2)がアセチル化された(COCH3)ことを意味しています。 通常のグルコサミンよりも精製に時間がかかりますが、体内のものと同じ構造をしているため、摂取後のさまざまな組織に効率よく使用できることが注目されています。

Nアセチルグルコサミンはカニの甲羅やエビの殻などの甲殻類の殻に含まれる

Nアセチルグルコサミンは、カニの甲羅やエビの殻などの甲殻類の殻、チーズ、きのこ類に含まれています。
甲殻類の殻の主成分は、Nアセチルグルコサミンが鎖状に長くつながった構造をもつキチンで存在しています。

Nアセチルグルコサミンはヒアルロン酸の成分

Nアセチルグルコサミンは、肌のうるおいを保ち、関節や軟骨の形成を促進するヒアルロン酸の成分です。 そのため、Nアセチルグルコサミンの欠如は、乾燥肌や関節痛を引き起こすと考えられています。
一方、Nアセチルグルコサミンはヨウ素や魚介類に対してアレルギーがでる可能性があります。 また血糖値を上げ、血糖値を下げる薬の効果を弱める可能性があります。 糖尿病の場合は、医師に相談することが好ましいです。

Nアセチルグルコサミンは体内で直接使用されるため効率が良い

Nアセチルグルコサミンはもともと体内に存在するため、摂取後もそのまま使用することでができます。 一方、グルコサミンは腸管に吸収された後、体内と同じ形のNアセチルグルコサミンに変換されなければならず、その過程で大量のグルコサミンが体外から排泄されます。 Nアセチルグルコサミンは体内で直接使用されるため効率が良いといえます。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す

次の記事

SAMe