【公式】ボーンペップ OEM・受託製造(小ロット生産)

ボーンペップ配合商品の小ロット生産

ボーンペップ配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。ボーンペップを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

ボーンペップのウェブマーケティング情報

ボーンペップ原料一覧

ボーンペップについて

ボーンペップは卵黄に見られる骨の成長を助けるペプチド

ボーンペップは、卵黄に見られる骨の成長を助けるペプチドたんぱく質です。
骨を成長させる細胞を活性化させる働きがあり、カルシウムと一緒にすることによって、骨の伸長や骨密度、骨強度を高める効果があります。

カルシウムとボーンペップを一緒に摂取すると骨成長を促す

ボーンペップは、卵黄に見られる骨の成長を助けるペプチドたんぱく質です。ペプチドは、たんぱく質を分解したのもので、さらに細かく分解されるとアミノ酸になります。
強い骨を作るために、骨成分であるカルシウムとボーンペップを一緒に摂取すると、骨成長を助け、骨密度を高めるため強い骨をつくることが期待されます。
ボーンペップは、卵黄から脂質を取り除き、それを酵素で処理することによってペプチドに分解して作り出されます。
熱に強く、酸に対して安定です。 発育と健康に悪影響を及ぼす恐れがない成分です。

卵黄に含まれるペプチドが骨の成長を促進する

ボーンペップは、卵黄から発見され、その働きが注目されました。
鶏の卵は温められると、産卵からわずか21日でひよこに成長し、孵化します。 卵はひよこに成長するために必要なすべての栄養素を含んでいます。 この成長速度に着目して卵に含まれる成分を調べた結果、卵黄に含まれるペプチドが骨の成長を促進することが分かりました。 骨にちなんで、骨 (bone)、ペプチド (peptide)からボーンペップと名付けられました。

骨の成長と強い骨の形成に関係するもの

さまざまな要因が骨の成長と強い骨の形成に関係しています。 特に重要なのは、十分なミネラルを摂取すること、骨形成を促進するビタミンを摂取すること、骨に適度に負荷を与える運動することです。
骨の健康によく知られている栄養素は、カルシウムやビタミンD、コラーゲンであり、カルシウムは骨形成にとって非常に重要な栄養素です。 コラーゲンは骨の骨組みとして機能するたんぱく質で、カルシウムとリンを保持する柱として機能しています。
ボーンペップは、カルシウムと一緒に摂取することで、骨を作り、骨密度を高めるという優れた特性を持っています。

骨には、カルシウムやリンのような成分を骨に堆積させ骨を作る作用と古い骨を破壊する作用を持っています。 成長期が終わると、これらの作用はバランスを保ち、絶えず既存の骨を新しい骨に変換することによって骨量を維持します。 しかし、年齢が上がるにつれてこれらの機能は低下し、活発な骨の再生が行われず骨は老化します。 さらに、女性が更年期に入ると、これらの機能を調節するホルモンのバランスが崩れ、骨形成を促進する女性ホルモンの分泌が減少します。 このようにして、骨を分割する働きが活発になると、骨はただ分割され、骨密度が減少し、骨粗鬆症となって骨が壊れやすくなります。
骨粗鬆症になる前に、骨の健康状態に気をつけ、骨粗鬆症になっても骨が丈夫にする食品を取ることが重要です。

骨粗鬆症は骨がもろくなり折れやすくなる状態

骨粗鬆症は、骨がもろくなり折れやすくなる状態です。しかし、他にもたくさんの症状があります。
例えば、軽度の骨粗鬆症の場合、起立時や重い荷物を抱えたとき背中の痛み、背中の曲がり、身長が縮むなどの症状があります。ひどい場合には、腰や背中の痛みが原因で寝込んでしまったり、背中や腰の曲がり具合が悪化したり、身長の縮みがかなり目立つようになります。
骨粗鬆症は古く、約4000年前のエジプト第12王朝のミイラに骨粗鬆症による骨折が発見されています。日光が不足し、ビタミンDの摂取が不足していたペルシャでは、エジプトよりも骨粗鬆症が頻繁に発症したとも言われています。エジプトとペルシャの間の戦争では、ペルシャの兵士の骨は、エジプトの兵士の骨より柔らかかったので、遺体をすぐに識別することができると述べた古文書があります。
バランスの取れた食事と適度な運動で骨粗鬆症を予防することが重要です。

骨の成長は、長さの成長と太さの成長がある

成長期には、体が成長するとともに骨も成長します。骨の成長は、長さの成長と太さの成長があります。
骨は、骨の軸となり主要部である骨幹、骨の両端で関節部分の軟骨がある骨端に大別されます。
骨の長さが成長しているときは、骨端で軟骨細胞がが作られ、軟骨細胞が骨に置き変わっていきます。そのため、骨端の厚さはほぼ一定に保たれ、骨幹は長くなります。思春期の終わりまでには、新しい軟骨細胞がつくられなくなり、18歳から25歳の間にこれらの成長が止まります。
また、骨の長さが長くなると同時に、骨の太さも成長します。骨の表面上の膜の細胞が骨をつくる細胞に変わり、骨の表面上に沈着していきます。同時に、骨の内側から骨組織を分解する作用がありますが、新しい骨を作成する方が速いため、骨の太さが増加します。骨の長さも太さが増す成長の著しい時期は、骨を育てる栄養をバランスよく摂取することが重要です。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す