【公式】エラスチン OEM・受託製造(小ロット生産)

エラスチン配合商品の小ロット生産

エラスチン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。エラスチンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

エラスチンのウェブマーケティング情報

エラスチン原料一覧

エラスチンについて

エラスチンとは、主にコラーゲン同士を結合させる働きを持つ繊維状のたんぱく質です。 皮膚の真皮や血管、靭帯などに存在し、皮膚に弾力性を与え、血管や靭帯の柔軟性や弾力性を維持しています。 しわやたるみや動脈硬化を予防する働きがあると言われています。

エラスチンは繊維状のたんぱく質

エラスチンとは、主にコラーゲン同士を結合させる働きを持つ繊維状のたんぱく質です。弾性繊維とも呼ばれます。ゴムのように伸縮する性質を持ち、皮膚の真皮や血管、靭帯などの身体に弾力性と伸縮性を必要とする組織に存在しています。 人体の組織中のエラスチン含有量は、靭帯で約78〜80%、動脈で約50%、肺で約20%、皮膚の真皮で約5%です。

エラスチンは血管や靭帯の主成分

エラスチンは脊椎動物に広く分布するたんぱく質ですが、水などの溶媒には溶けにくいという性質があり、近年まで研究対象として取り扱うことが難しく、あまり多くの研究が行われていませんでした。
しかし近年、エラスチンを溶媒に溶解させる方法が確立されて以降、研究は急速に進歩し、その性質や身体における役割は徐々に明らかにされてきました。 現在では、様々な疾患との関係も研究されており、美容だけでなく健康機能成分としての役割も期待されています。
また、エラスチンは血管や靭帯の主成分であるため、人工血管などの再生医療への応用も期待されています。

エラスチンは800個以上のアミノ酸で構成

エラスチンは800個以上のアミノ酸で構成され、その80〜90%がロイシン、アラニン、グリシン、プロリン、バリンの5種類のアミノ酸です。エラスチンは、弱酸、弱アルカリなどの化学的処理に対して安定していますが、エラスターゼや他のたんぱく質分解酵素によって徐々に分解されます。
エラスチンは、体の中で弾力性と伸縮性に関わる成分です。

エラスチンは真皮にある繊維芽細胞によって産生

エラスチンは、コラーゲン、ヒアルロン酸とともに皮膚の真皮にある繊維芽細胞によって産生されます。 繊維芽細胞は新しい組織を形成し、古いものを分解し、ゆっくりと組織の新陳代謝を行っています。
体内のエラスチン量は25歳前後でピークに達し、年齢とともに次第に減少し、40歳を過ぎると急激に減少します。また、エラスチンは紫外線やストレス、喫煙などが原因で発生する活性酸素によっても減少すると言われています。 エラスチンの減少は、肌の弾力性を失い、しわやたるみを引き起こし、血管の老化を促進し、動脈硬化症、心筋梗塞、脳血栓症のような深刻な疾患の危険性を高めると考えられている。 靭帯の伸縮性が失われ、怪我をする可能性が高くなる可能性もあります。
エラスチンは一度壊れてしまうと必ずしもうまく再生されるとは限らないため、日常のケアは重要です。

体内のエラスチン量は年齢とともに減少

体内のエラスチン量は年齢とともに減少しますが、出生時に最も多い訳ではありません。
赤ちゃんの肌は、ヒアルロン酸の保水力によってとても新鮮に保たれています。 肌のヒアルロン酸の量は0歳で最も高く、年齢とともに減少し、20歳では出生時の約半分と言われています。
エラスチンは、ヒアルロン酸とは異なり、0歳ではあまり多くありません。組織をしっかりと支える役割を持つエラスチンの量は少なく、赤ちゃんの肌は非常に柔らかいと考えられています。 その後、エラスチンの量は成長とともに増加し、20代後半にピークに達します。 そのため、20代後半の肌は最もハリと弾力性があると言われています。
肌のハリと弾力を維持するには、ヒアルロン酸やコラーゲンに加えて、それらをサポートするエラスチンの存在が非常に重要な役割を果たします。

エラスチンは、牛の大動脈やカツオの動脈球に豊富

エラスチンは、牛の大動脈やカツオの動脈球に豊富に含まれています。 動物にとって、動脈は血液を全身に送り出すポンプの役割を果たしており、柔軟性と弾力性を必要とするため、多くのエラスチンを必要とします。 しかし、エラスチンが豊富な食品は、食卓は目にすることが少ないです。 エラスチンは食品から摂取するのが難しい成分であるため、サプリメントを摂取して十分に補給することが効率的であると考えられています。
また、摂取する時間は就寝前が有効であると言われています。 肌は睡眠中につくられると言われており、夜10時から深夜2時までの時間帯をシンデレラタイムと呼び、肌が活発に生まれ変わっています。
エラスチンを食物やサプリメントからしっかり補給し、早めの就寝と質の高い睡眠をとることが美肌と健康を維持する上で重要であると考えられています。


けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。けんしょくとは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界の人間は健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者・一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す