【公式】Lシスチン OEM・受託製造(小ロット生産)

Lシスチン配合商品の小ロット生産

Lシスチン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。Lシスチンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

Lシスチンのウェブマーケティング情報

L-シスチン原料一覧

L-シスチンについて

L-シスチンはメラニンの形成を抑制

L-シスチンはL-システインが2分子結合しており、ケラチンと呼ばれるたんぱく質を構成するアミノ酸として髪や爪に含まれています。
シミの原因であるメラニンの形成を抑制し、美肌・美白効果があります。 また、有害物質を解毒する効果もあります。

L-シスチンは、L-システインが2分子結合しているアミノ酸

L-シスチンは、L-システインが2分子結合しているアミノ酸です。 L-シスチンとL-システインは体内で簡単に相互変換されます。 L-システインは、イオウを含有するアミノ酸である含硫アミノ酸の一種であり、非必須アミノ酸として分類され、メチオニンから体内で合成することができます。
人体では、ケラチンと呼ばれるたんぱく質を構成するアミノ酸として髪や爪に多く含まれています。 髪の毛が燃えると悪臭がするのは、含硫アミノ酸であるL-シスチンを多く含んでいるためです。 L-シスチンは、シミの原因であるメラニンの生成を抑える効果があります。 システインが、生体内の解毒機構において重要な役割を果たすグルタチオンの構成成分であるので、シスチンはグルタチオンの供給源にもなります。

L-シスチンはたんぱく質成分アミノ酸の発見の始まりとなったアミノ酸

L-シスチンは、たんぱく質成分アミノ酸の発見の始まりとなったアミノ酸であると考えられています。 1801年にイギリスの医師ラストンが膀胱結石を分析し、得られた物質は主にイオウを含む有機化合物からなることを発見しました。 この有機化合物はシスチン(Cystine)です。 ギリシャ語の“膀胱”(Kystis)にちなんで名付けられました。 しかし、その後、1899年にL-シスチンは2分子結合したものであることが判明しました。そこでL-シスチンは、L-システイン由来の成分とみなされており、たんぱく質構成アミノ酸に含まれていないことが多いです。

L-シスチンは牛肉、羊肉、牛乳、鮭などに含まれる

L-シスチンは牛肉、羊肉、牛乳、鮭、オートミール、小麦粉などに含まれています。
肉類を食べるときは、野菜などと組み合わせてバランスをとることが重要です。

L-シスチンに含まれるイオウは髪と爪を健康に保つ成分

L-シスチンの過剰摂取は、インスリンの作用を阻害し、糖尿病における血糖コントロールを悪化させる可能性があります。 さらに、尿中にL-シスチンが多く排泄されると、膀胱結石を引き起こす可能性があります。
その一方で、L-シスチンに含まれるイオウは、皮膚、髪の毛、爪をつくる重要なたんぱく質の成分となり、皮膚を強化し、髪と爪を健康に保つ成分です。 そのため、L-シスチン欠乏症は、皮膚炎やシミの原因となり、爪がもろくなったり、髪が抜ける、解毒力の低下につながる可能性があります。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す