【公式】レスベラトロール OEM・受託製造(小ロット生産)

レスベラトロール配合商品の小ロット生産

レスベラトロール配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。レスベラトロールを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

ルテインのウェブマーケティング情報

レスベラトロール原料一覧

レスベラトロールについて

レスベラトロールはブドウなどに含まれるポリフェノールの一種

レスベラトロールは、サンタベリーやブドウなどに含まれるポリフェノールの一種です。サプリメントや化粧品に配合され、美容成分として注目されています。 強い抗酸化力を持ち、細胞の酸化を防ぎ、肌の弾力性を改善します。体を健康で若々しく保つ効果が期待される成分です。

レスベラトロールは高い抗酸化力

レスベラトロールは、サンタベリーやブドウに含まれるポリフェノールの一種です。
ポリフェノールは、香料や色素として使用される植物成分の総称であり、高い抗酸化力を持っています。
アントシアニンなどのように色素として食品に利用されるポリフェノールもあります。
レスベラトロールは、化学構造の違いによって、トランス型とシス型の2種類に分類されます。 トランス型は新鮮な原料から摂れる安定した分子構造を有し、シス型は日光、熱、酸化などのため不安定な分子構造を有します。 トランス型レスベラトロールは、日光などによりシス型に変化すると言われています。 体内で効果的に働くのはシス型と言われています。
一般的に、トランス型レスベラトロールはサプリメントや化粧品によく使用されています。

ワインにはレスベラトロールが含まれている

1992年にフランスの科学者セルジュ・ルノー博士によって脂肪分の多い食事を日常的に食べるフランス人の心臓病による死亡率が低いのは大量のワインを飲むことに関連していると発表しました。 この発表により、研究者たちはワインへの関心を高め、世界中でワインブームが起きました。 その後、ワインにはレスベラトロールが含まれていることが明らかになり、それが心疾患予防に貢献したのではないかと考えられました。

サーチュイン遺伝子の活性化

1999年、マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授は、通常の栄養条件下では眠っていましたが、飢餓状態になったときに初めて活発になる遺伝子「サーチュイン遺伝子」の存在を明らかにしました。 その後、すべての生物がこの遺伝子を持っていることがわかり、このサーチュイン遺伝子の活性化に関する研究が始まりました。

サーチュイン遺伝子を活性化するカロリー制限

そして2003年に、ハーバード大学のデービット・シンクレア博士のチームは、レスベラトロールが酵母菌のサーチュイン遺伝子に直接作用し活性化することを発見しました。 レスベラトロールの作用により、酵母菌の寿命を70%延ばすことに成功しました。
酵母菌に対し、レスベラトロールは、サーチュイン遺伝子を活性化する唯一の手段と考えられている極度のカロリー制限とほぼ同じ長寿効果をもたらすことが示されています。

レスベラトロールの長寿効果

2006年に、マウスでもレスベラトロールの長寿効果を確認するための実験が行われ、哺乳動物においてレスベラトロールがカロリー制限なしでサーチュイン遺伝子を活性化することが明らかになりました。 これは、有名な科学雑誌 「Nature」に掲載されました。全世界を驚かせ、レスベラトロールへの期待はますます高まりました。 そして今でも、レスベラトロールは期待の成分として継続的に研究され、サプリメントや化粧品の健康効果を期待して配合されるようになりました。

サンタベリーに含まれるレスベラトロールは体内で働くトランス型

レスベラトロールが豊富な食品には、北欧・ラップランドの森林に自生する赤い果実サンタベリーです。 サンタベリーが自生する北欧では、夏の紫外線から身を守るために、その果実にはファイトケミカルであるレスベラトロール豊富にためます。 サンタベリーに含まれるレスベラトロールは、体内で働くトランス型のレスベラトロールです。

赤ワインレスベラトロールはトランス型とシス型の両方を含む

またレスベラトロールは、地中海沿岸の湿った気候の地域で栽培されたブドウにも含まれています。 それは病気から果物を保護するためにレスベラトロールを皮にためます。 ブドウの原料となる赤ワインにもレスベラトロールは含まれています。 特に紫外線が多いボルドーやローヌのような南フランスの産のものは、多くのレスベラトロールを含んでいます。 赤ワインから入手できるレスベラトロールは、トランス型とシス型の両方を含むことが知られています。
他にも、レスベラトロールはピーナッツの皮、アーモンド、ココアにも含まれています。

適量(1日2〜3杯)のワインは心臓病などのリスクを減らす

ワイン品種の中で、ピノ・ノワール、ネオビロ、メルローなどにレスベラトロールがたくさん含まれています。 適量(1日2〜3杯)のワインは心臓病などのリスクを減らすことができますが、飲み過ぎることはお勧めできません。 サプリメントの使用は、効果的にレスベラトロールを取るためのもう一つの方法です。

イタドリ由来のレスベラトロールは安価

サプリメントを服用するとき、注意すべき原料はイタドリ由来のものです。 イタドリ由来のレスベラトロールは安価であるため、米国などでサプリメントとして広く使用されています。 日本では、イタドリ抽出物が医薬品として使用される成分本質(原材料)リストに掲載されているため、食品やサプリメントへの使用は禁止されています。

フレンチ・パラドックス(フランスの逆説)

フランスの一般的な食事は、バターやチーズとこってりした肉料理と共にワインが一緒に並びます。 動物性脂肪の摂取量が多いにもかかわらず、フランスでは動脈硬化症の患者が少なく、心疾患の死亡率が低いという矛盾する状況があります。 これはフレンチ・パラドックス(フランスの逆説)といいます。
これはフランスの人々が定期的に飲む赤ワインの秘密だと考えられています。 動脈硬化は、赤ワインに含まれるレスベラトロールなどのポリフェノールの効果によって抑制されたと考えられています。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す