【公式】Lカルニチン OEM・受託製造(小ロット生産)

Lカルニチン配合商品の小ロット生産

Lカルニチン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。Lカルニチンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

Lカルニチンのウェブマーケティング情報

Lカルニチン原料一覧

Lカルニチンについて

Lカルニチンは脂肪を燃やすのを助けるアミノ酸の一種

Lカルニチンは、エネルギーを作り出し、体内にたまりやすい脂肪を燃やすのを助けるアミノ酸の一種です。
主に肉に含まれる成分で、L-カルニチンが体内に豊富に含まれている場合、余分な脂肪が燃やされて成長しにくい体を作り出すことが可能です。

体内でたんぱく質の形をとらない遊離アミノ酸の1つがL-カルニチン

L-カルニチンは、アミノ酸の一種です。
体内では、必須アミノ酸であるリジンとメチオニンをもとに肝臓で合成されています。
体内でたんぱく質の形をとらない遊離アミノ酸の1つがL-カルニチンです。

L-カルニチンはエネルギーを生み出す原動力

L-カルニチンは、1905年にロシアの研究者によって発見されました。
筋肉の成分として発見されたので、肉を表すラテン語の「carnis(カルニス)」に基づいて「L-カルニチン」と命名されました。
その名前が示すように、L-カルニチンは哺乳動物の筋肉に豊富に含まれています。
人の場合、成人1人当たり約20gのL-カルニチンが含まれています。 主に骨格筋、肝臓、腎臓、心臓、脳などに分布しており、エネルギーを生み出す原動力です。

心筋が動くときに必要なエネルギーを生み出すL-カルニチン

Lカルニチンは「脂肪燃焼」の機能のために、ダイエット食品材料として知られています。 しかし、心臓に作用することが明らかにされたたことで、L-カルニチンは注目を集め始めました。
心臓の衰弱や息切れや動悸のある人が、L-カルニチンを摂取して症状を和らいだという研究結果により、様々な国で心臓病の治療薬として認識されるようになりました。
その後、心臓に対するL-カルニチンの作用に関する研究が進められ、心筋が動くときに必要なエネルギーを生み出すことにL-カルニチンが関与していることが明らかになりました。

日本では医薬品として扱われてきたL-カルニチンが2003年に食品として承認

研究を続けている間、L-カルニチンは心臓以外の筋肉を動かすエネルギーを生み出すのに必要な成分であると仮定され、1980年のモスクワオリンピックで証明されました。 L-カルニチンサプリメントを服用したイタリア人チームはが好成績をおさめました。
このことにより、L-カルニチンがスポーツ選手のための成分として注目を集めました。
1990年代には、スポーツ選手に加えて、肥満の人々の運動をサポートするための成分として広がり始めました。
そして日本では、医薬品として扱われてきたL-カルニチンが2003年に食品として承認され、テレビや雑誌で紹介され、そして徐々に認識され始めています。

、L-カルニチンの1日の推奨摂取量は最大1000 mg

L-カルニチンは、成人1人当たり1日に約10mgを体内で生産できると考えられています。
しかし、L-カルニチンの1日の推奨摂取量は最大1000 mgです。一般的に、私たちが年をとるにつれて、L-カルニチンを合成する能力は低下し、体内のL-カルニチンの量は減少するので を補うために必要となります。
日本人のL-カルニチンの一日平均摂取量は約75 mgですが、量は個人によって異なります。
L-カルニチンの摂取量は、国や生活習慣によって異なります。
例えば、肉を食べないインド人は1日に約30mgの摂取量であるのに対して、L-カルニチンを多く含む肉を食べるオセアニア(オーストラリアとニュージーランド)やモンゴルの人々は、300~ 400mgものL-カルニチンを摂取していると言われています。

L-カルニチンが豊富な肉を食べる機会

L-カルニチンは脂肪を燃焼するミトコンドリアへ脂肪を輸送し、エネルギーを生産するための必須成分です。 そのため、不足した場合エネルギーを効率的に作り出すことができず、体のだるさや息切れ、息切れ、疲労などの症状が現れます。
中高年者では、L-カルニチンは年齢とともに体内で生産される量が減少します。 体内量は20代で最も高く、その後徐々に減少し、60歳になると20歳の約60%に減少すると言われています。
また、年をとると、若いときに比べて食物の量が減ります。また、和食中心の食事に変わることで、L-カルニチンが豊富な肉を食べる機会も少なくなります。食生活の変化はLカルニチンの摂取量が減ってしまう要因になります。

意識的にL-カルニチンを摂取することが重要

また、ダイエットをしている場合、食事は偏りがちになってしまい、 そうなるとL-カルニチンやL-カルニチンの原料であるリジンやメチオニンを十分に補うことが難しくなります。
ダイエットのための極端な食事制限は、L-カルニチンの不足につながる可能性があります。
さらに、運動量が多いスポーツ選手や趣味でスポーツをする人、仕事で体を動かす人は、より多くのエネルギーを必要です。その分、 L-カルニチンの消費量も増加するので、不足する傾向があります。
上記の人は、意識的にL-カルニチンを摂取することが重要です。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す