【公式】ヒアルロン酸 OEM・受託製造(小ロット生産)

ヒアルロン酸配合商品の小ロット生産

ヒアルロン酸配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。ヒアルロン酸を配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

ヒアルロン酸のウェブマーケティング情報

ヒアルロン酸原料一覧

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は優れた保水力を持つ成

ヒアルロン酸とは、1gで6Lの水分を保つための優れた保水力を持つ成分です。
目や肌の水分を保ち、関節では潤滑油のような役割を果たします。 ドライアイを予防および改善、肌の乾燥予防に改善的であることが知られています。

ヒアルロン酸はムコ多糖と呼ばれる粘着性の物質

ヒアルロン酸は、非常に高い保水力(水分を保つ力)を持ち、1gで6L(500mlペットボトル12本)もの水分を抱え込むことが可能である成分です。
ヒアルロン酸は、ムコ多糖と呼ばれる粘着性の物質で、主に皮膚の表皮と真皮、軟骨や眼の硝子体に存在します。 このような保水力を発揮することで、各部位で水分を保つ役割を果たしています。

ヒアルロン酸は年齢とともに減少する

ヒアルロン酸は、人体のいたるところに存在する成分ですが、年齢とともに減少するという性質があります。 体内のヒアルロン酸の量は、20歳でピークに達した後に徐々に減少し続けますが、減少の速度は40代から急速に加速します。
60代になると、体内のヒアルロン酸の量は、20代の半分以下までに減少します。

ヒアルロン酸は牛の眼球の硝子体で発見

ヒアルロン酸は、1934年に米国コロンビア大学のマイヤー教授らにより牛の眼球の硝子体で発見されました。
ギリシャ語で硝子体を意味するHyaloidからHyaluronic acid(ヒアルロン酸)と名付けられました。
その後の研究により、皮膚や関節、脳、そして心臓など体内の至ることろに存在していることが分かりました。
1942年には、イヌの関節損傷を治癒するのに有効であると報告されており、1958年に網膜剥離後の硝子体置換術に有効と報告されています。 その後1987年に、日本で医薬品としての使用が承認され、眼病治療薬、関節炎治療のための注射として使用されています。
また、サプリメントや化粧品としても使われている優れた成分です。

ヒアルロン酸は、人間の目や皮膚、関節、脳、動脈を含む全身に存在

ヒアルロン酸は、人間の目や皮膚、関節、脳、動脈を含む全身に存在します。
特に多く存在する場所は、目・皮膚・関節です。
ヒアルロン酸は、目の形を維持するのに不可欠な成分です。 目の乾燥を防ぐのにも適しています。
ヒアルロン酸も肌に存在し、乾燥を防ぎ、みずみずしさとハリを与えるのに不可欠な成分です。
さらに、ヒアルロン酸は関節の軟骨にも存在します。 軟骨は骨と骨の間のクッションの役割を果たすので、曲げや伸びなどの滑らかな動きをサポートするように働きます。

ヒアルロン酸は分子が大きい

ヒアルロン酸は分子が大きいため、そのままでは体内に吸収されにくいという特徴もあります。
さらに、ヒアルロン酸を多く含む食品は、ニワトリのとさか、魚の目、豚足など、続けて食べることが困難であり、通常の食事で補うことが難しい成分です。
したがって、サプリメントのような安定した形でヒアルロン酸を摂取することが望ましいと考えられています。 最近では、収されやすいように分子を小さく加工したヒアルロン酸が配合されているサプリメントが多く販売されているので、うまく取り入れることが大切です。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す