【公式】冬虫夏草 OEM・受託製造(小ロット生産)

冬虫夏草配合商品の小ロット生産

冬虫夏草配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。冬虫夏草を配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

冬虫夏草のウェブマーケティング情報

冬虫夏草原料一覧

冬虫夏草について

冬虫夏草は高級食品として役立ってきたきのこの一種

冬虫夏草は、古くから滋養強壮、不老長寿のため高級食品として役立ってきたきのこの一種です。
人工培養が可能になった今、それは免疫力を高め、老化を防ぐためにサプリメントや漢方薬に使われています。

昆虫に寄生して養分を吸収し、子実体を伸ばしたもの

冬虫夏草とは、バッカク菌科に属するキノコの一種です。昆虫に寄生して養分を吸収し、子実体を伸ばしたものです。冬は虫の姿で過ごし、夏には草になることから冬虫夏草と名付けられました。
世界中には、約300種の冬虫夏草があり、そのうち226種が名前がつけられ、そのうち3分の2が日本で発見されたものです。
中国で冬虫夏草というと、チベット、四川、雲南、西カン、ネパール、ヒマラヤなどの3,000~4,000m級の高山範囲に6~8月に発生するコウモリガの幼虫に寄生したキノコだけを表します。
冬虫夏草の寄生する宿主には、鱗翅目(りんしもく:チョウやガの仲間)の幼虫や鞘翅目(こうちゅうもく:コガネムシやテッポウムシなど)の幼虫や成虫が多く、他にハチやアリ、セミ、トンボ、ダニなども知られています。
中国では、きのこは紀元前に植物と見なされていたため、「虫草」と表現されたといわれています。
セミに寄生する冬虫夏草はよく目につき、それほど珍しくないということから、価値が低くみられていたといわれていますが、コウモリガの幼虫に寄生する冬虫夏草は非常にまれで、高値で取り引きされていました。現在は、人工培養が可能になったため、安定供給が可能になり、入手が容易になりました。

冬虫夏草は子嚢菌類の活性寄生真菌

冬虫夏草は、キノコの中でも傘を持たない子嚢菌類(しのうきんるい)の活性寄生真菌です。 冬虫夏草は、胞子を飛散させて繁殖するが、生きている昆虫を宿主とするため、自分に合った昆虫の体内に入り込みます。
昆虫の中に入った胞子は栄養素を吸収し、ますます成長します。 昆虫はやがて死んでしまい、そのままの姿で冬を越します。 そして、夏には、昆虫の皮の最も弱い部分からの子実体を表します。
このように成長しているキノコを総称して、冬虫夏草と呼び、名前は宿主によって変わります。 例えば、宿主である昆虫がチョウのサナギであればサナギタケ、蜂であればハチタケ、カメムシであればカメムシタケなどです。

冬虫夏草の様々な働きが明らかにされてきた

冬虫夏草は、中国では殷の時代から滋養強壮や不老長寿のための食材として知られていました。
秦の始皇帝は、不老長寿の薬を求めた歴史上の人物として有名です。なかでも、焼酎につけた冬虫夏草を金一匁(きんいちもんめ)という高価な金額と交換した話や、美女の場貴妃が若返りの薬として飲んでいた話が伝えられています。冬虫夏草は滋養強壮の他に、アヘン中毒の解毒剤としても使用されています。
また、中国女子陸上チームの馬軍団の連続優勝の裏に冬虫夏草があると報道され、スポーツ関係者の注目を集めました。
冬虫夏草が世界的に知られたのは1722年といわれており、日本には1728年に寧波(にんぽ)の船主である尹心宜が長崎に持ち込んだことがきっかけで入ってきたといわれています。1768年に青木昆陽が書いた『昆陽漫録補』に冬虫夏草のことが書かれています。
明治時代になると、菌学者である南方熊楠によって冬虫夏草の研究が進められました。近年、冬虫夏草の様々な働きが明らかにされてきており、注目を集めています。

日本で発見された冬虫夏草は200種類以上

中国では、コウモリガの幼虫が寄生しているものだけが冬虫夏草と呼ばれていますが、日本では蝶、アリ、セミ、ハエなどのさまざまな昆虫が寄生しているすべてが冬虫夏草と呼ばれています。
日本で発見されたものは、日本冬虫夏草と呼ばれ、200種類以上が発見されました。 同じ日本でも、北から南まで地域によって異なる種類が育つことや、昆虫ごとにそれぞれ独自の胞子が寄生することが明らかにされています。

冬虫夏草には免疫細胞を活性化するβ-D-グルカンが豊富

冬虫夏草には、滋養強壮の作用を持つコルディセプスや、免疫細胞を活性化するβ-D-グルカンが豊富にあります。 また、利尿作用やカルシウム拮抗剤としても作用するD-マンニトール、血中コレステロールを下げる働きをするキチン・キトサンと呼ばれる食物繊維の一種も含まれています。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す