【公式】フコキサンチン OEM・受託製造(小ロット生産)

フコキサンチン配合商品の小ロット生産

フコキサンチン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。フコキサンチンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

フコキサンチンのウェブマーケティング情報

フコキサンチン原料一覧

フコキサンチンについて

フコキサンチンは、強力な抗酸化カロテノイドの一種

フコキサンチンは、強力な抗酸化カロテノイドの一種です。 新鮮なオレンジ色で、昆布やわかめなどの海藻に豊富です。 抗酸化作用に加えて、抗肥満作用および抗糖尿病作用がよく知られており、非常に注目されています。

フコキサンチンは海藻では褐藻にのみ含まれる

フコキサンチンは、自然界に600種類以上のカロテノイドを含み、鮮やかなオレンジ色をしています。 カロチノイドは、アルコールに可溶なカロチン類とアルコールに不溶なキサントフィルに大別される。 フコキサンチンは、ルテインやアスタキサンチンのようなアルコール不溶性のキサントフィル類として分類されます。
フコキサンチンは、海藻では褐藻にのみ含まれています。 野菜や果物には複数のカロテノイドが含まれていますが、褐藻のカロチノイドのほとんどはフコキサンチンです。 フコキサンチンの含有量は、生の褐藻100 gあたりコンブ19 mg、ワカメ11 mg、アラメ7.5 mg、ホンダワラ6.5 mg、ひじき2.2 mgです。 フコキサンチンは、乾燥すると含有量が減少するため、酸化を受けやすいと考えられています。 また、褐藻をエサとする貝類のカキやホヤの中にも見られます。
フコキサンチンは、フコキサンチノールとして血中に存在します。 他のカロテノイドに比べて強い抗酸化力を持ち、研究者の間で注目を集めています。

フコキサンチンは抗ガン作用があるとして研究者が注目

フコキサンチンは1914年に発見され、その化学構造は1969年に決定されました。1999年に、抗ガン作用があるとして研究者の注目を集めました。 それ以来、抗肥満および抗糖尿病効果に関する研究も進められており、その多機能性が多くの注目を集めています。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す