【公式】フェルラ酸 OEM・受託製造(小ロット生産)

フェルラ酸配合商品の小ロット生産

フェルラ酸配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。フェルラ酸を配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

フェルラ酸のウェブマーケティング情報

フェルラ酸原料一覧

フェルラ酸について

フェルラ酸はポリフェノールの一種

フェルラ酸はポリフェノールの一種で、植物の細胞壁に含まれる成分です。 抗酸化作用があり酸化を防ぐために菓子類やデザートに使われます。 フェルラ酸は、脳機能の改善や高血圧の改善などの効果があり、最近では軽度のアルツハイマー病の症状の改善に注目が集まっています。

フェルラ酸は医薬品、食品、化粧品の原料として利用

フェルラ酸は、酸化防止や紫外線吸収作用を持つポリフェノールの一種で、医薬品、食品、化粧品の原料として使われています。自然では、植物細胞壁やγ-オリザノールの成分としても存在します。主に化学合成によって製造されているが、米ぬかから抽出する新しい技術も発見されている。

フェルラ酸は食品添加物リストに「抗酸化剤」として記載

フェルラ酸は、1886年にオーストラリアのHlasiwetz Barthによって発見されました。 1935年、マロン酸とバニリンを用いた合成法が確立され、フェルラ酸の性質や特性に関心が集まり、研究が活発に進められました。 日本では、厚生労働省の食品添加物リストに「抗酸化剤」として記載されています。

フェルラ酸はメラニンの生成を抑制

フェルラ酸は、抹茶緑茶の退色防止、バナナの黒変防止、グリーンピースの色調維持など食品の酸化防止剤として使用されています。 フェルラ酸は、その成分自身で食品添加物リストに記載されているが、フェルラ酸を含有するγ-オリザノールや米ぬか油抽出物も抗酸化剤として登録されています。 また、フェルラ酸の構造はチロシンと拮抗するため、シミの原因となるメラニンの生成を抑制するため、多くの化粧品に含まれています。 また、有害な紫外線の吸収が強いことも明らかになりました。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す