【公式】なた豆 OEM・受託製造(小ロット生産)

なた豆配合商品の小ロット生産

なた豆配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。なた豆を配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

なた豆のウェブマーケティング情報

なた豆原料一覧

なた豆について

古くから漢方で使用されているなた豆

古くから漢方で使用されているなた豆には、特徴的な成分であるカナバニンやコンカナバリンAが含まれています。 昔は膿をとり、「膿とり豆」と呼ばれ主に生薬として利用されていましたが、最近では腎機能、歯周病、血流の改善に効果があるとして、サプリメントやお茶などに加工されて利用されるようになりました。

なた豆はマメ科の一年草

なた豆はマメ科の一年草です。
漢字では、「鉈豆」または「刀豆」と書きます。 刀豆(トウズ、タチマメ)、帯刀(タテワキ)と呼ばれることもあります。長さは30〜50 cmのさやにが「なた」にような形をしていることが名前の由来です。1つのさやから8粒程の豆が採れます。
夏には白またはピンクの花が咲き、7月から9月に収穫されます。

なた豆には大きく3つの品種

なた豆には大きく3つの品種があり、品種により花や豆の色が違います。

・白なた豆
白なた豆は大きなさやを有し、暑さに強い特徴があります。 2m以上の草丈になるものもあります。 白い花を咲かせて、白い豆が収穫できます。

・赤なた豆
赤なた豆は、ピンク色の花を咲かせて、赤い豆が収穫できます。

・タチナタマメ
タチナタマメは、半つる性の植物で、約1メートルの高さに成長し、乾燥に強い品種です。 白なた豆や赤なた豆と比べて茎が立つことから、タチナタマメと呼ばれるようになりました。 花の色は紫とピンクの中間にあり、白い豆を収穫することができます。 食用としては利用できません。
「ジャックと豆の木」のモデルになった植物で、英語では「ジャックビーンズ」と呼ばれています。

なた豆は縁起の良い食べ物

なた豆は長い間、中国の漢方薬をとして重宝されてきました。 漢方について書かれた歴史書「本草網目」では、なた豆の効用として「腎を益し、元を補う」と書かれています。 漢方で、「腎臓」は生命エネルギーの源である「気」を貯蔵する臓器を意味します。なた豆は、この「腎臓」の機能を強化し、病気に負けない免疫をたらす生薬と考えられています。
なた豆は、江戸時代に中国から日本に伝えられたと言われています。
日本では、なた豆は縁起の良い食べ物であると考えられており、旅行の出発前に食べたり、旅行にもって出かけたようです。

鹿児島県のなた豆は有名

なた豆の原産国は熱帯アジアと熱帯アフリカなどです。
日本に伝わった当初から薩摩(現在の鹿児島県)で栽培が盛んに行われており、現在でも鹿児島県のなた豆は有名です。 その他は鳥取県や兵庫県で生産されています。

主に食べられる品種は白なた豆

豆は煮豆や白あんなどにして食べられます。 最も代表的で手軽な方法はなた豆茶です。なた豆のさやと豆を細かくして、うすなどでひいてお茶にします。その他はサプリメントなどに加工されています
なた豆を食べるときは、下準備が重要になります。 なた豆には毒素が含まれている品種もあるため、調理する前になた豆の品種を確認してからにしましょう。 主に食べられる品種は白なた豆です。 食べられないなた豆は日差しよけのカーテンとして栽培されています。
また、有害生物防除として他の植物の周囲に植えることもあります。
豆をできる前の若いさやは炒め物やみそ漬け、胡麻和えや天ぷらで食べることができます。 さやの代表的な加工食品は福神漬けです。

歯周病や歯槽膿漏といった症状を改善

なた豆には、ウレアーゼやカナバニン、コンカナバリンAなどの成分が含まれています。コンカナバリンAは耐熱性があるため、加熱が必要ななた豆茶などの加工品からも摂取することができます。
これらの成分により、むくみや腎臓病、歯周病や歯槽膿漏といった症状を改善します。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す