【公式】パフィア OEM・受託製造(小ロット生産)

パフィア配合商品の小ロット生産

パフィア配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。パフィアを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

パフィアのウェブマーケティング情報

パフィア原料一覧

パフィアについて

パフィアは万能薬

パフィアはアマゾンに由来し、300年以上にわたって使用されている常緑植物です。 それは万能薬であると言われており、動脈硬化症、糖尿病および更年期障害を含むほとんどの病気に対して有効であると言われています。 世界中で使用されているパフィアですが、近年では美容にも効果があると言われ、新たな注目を集めています。

パフィアは安全で有用な生薬

パフィアは、ヒユ科パフィア属の低木の蔓植物です。南アメリカの熱帯気候帯に自生しているもので、その種類は約50種類と言われています。その根は朝鮮人参に似ているため、「アマゾン人参」、「ブラジル人参」、または「南アメリカ人参」と呼ばれることもあります。ある理論によると、その効果は朝鮮人参よりも強いと言われています。
パフィアは、アマゾンの先住民によって使用されてきました。その根は不老長寿の薬とされていきました。
パフィアは現在も万能薬とされています。エクアドルのハーブ医療では、心血管系や中枢神経系の強壮剤として使用され、動脈硬化や糖尿病の治療に使用されています。またヨーロッパでも、神経機能を回復や、ホルモンシステムのバランスをとり、更年期症状および生理学的症状を改善に使用されています。さらに、南北アメリカではパフィアの根が免疫刺激剤として使用されており、血糖の低減や関節の炎症などの効果が期待されています。このように世界中で使用されているパフィアは、安全で有用な生薬であると考えられています。

パフィアは300年以上前からの民間療法薬

パフィアは「パラトダ」と呼ばれます。 これは、南アメリカ原住民であるインディヘナによって呼ばれ始めました。 パラトダとは、「すべてに使える」ということを意味します。 その名前が示すように、それは滋養強壮、若返りなどの効果をはじめ、ほとんどの病気に効果があると言われています。そのためパフィアは、300年以上前から先住民にとって非常に重要な民間療法薬とされてきました。

パフィアはサポニンが豊富

パフィアの根は19種類のアミノ酸や、鉄、マグネシウム、二酸化ケイ素などの微量ミネラルを含んでいると言われています。 特にゲルマニウムを多量に含有することが特徴です。 ゲルマニウムは、体内で優れた触媒作用を示し、細胞内酸素量を増加させる効果があると言われています。 そのため、血液に酸素を送る機能や免疫強化の効果を期待してサプリメントとして使用されています。
またパフィアにはサポニンが豊富で、10%に及ぶと言われています。 サポニンには、血糖値を調整する効果があると言われています。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す