【公式】ジンゲロール OEM・受託製造(小ロット生産)

ジンゲロール配合商品の小ロット生産

ジンゲロール配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。ジンゲロールを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

ジンゲロールのウェブマーケティング情報

ジンゲロール原料一覧

ジンゲロールについて

ジンゲロールは生のしょうがに含まれる辛味成分の一つ

ジンゲロールは、ファイトケミカルの一種で、生のしょうがに含まれる辛味成分の一つです。
ジンゲロールは、加熱や乾燥するとショウガオールに変化する性質があります。
血流を促進する作用により、冷えを改善し、免疫力を向上させる効果と期待されます。

ジンゲロールは、ファイトケミカルの一種

ジンゲロールは、ファイトケミカルの一種で、生のしょうがに豊富に含まれている辛味成分の一つです。
ファイトケミカルとは、植物によって生産される化学物質の総称であり、紫外線や外敵から身を守るために、生産される物質です。
ジンゲロール(gingerol)という名前は、しょうがの英語名であるのジンジャー(ginger)に由来します。
ジンゲロールは、ジンゲロン、ショウガオールをはじめ、しょうがに含まれる代表的な有効成分の1つです。
しょうがを加熱または乾燥させる、ジンゲロールはジンゲロールは独特の香りを持つジンゲロンやショウガオールへに変わります。

ジンゲロールの殺菌作用

ジンゲロールは殺菌作用、免疫細胞を活性化する作用、胆汁分泌を促進する作用、吐き気や頭痛を抑える作用があります。
ジンゲロールを含んだしょうがは、その働きを利用して日本の食生活に取り入れられています。
寿司と合わせて食べるガリは、ガリの材料であるしょうがに含まれるジンゲロールの殺菌作用の代表例です。 ガリに含まれているジンゲロールにより、寿司に使われる生魚の生臭さを取り除き、食中毒を防ぐことができます。
さらに、ジンゲロールやショウガオールに共通の作用には、血管を拡張させる作用や抗酸化作用があります。
しょうがをすりおろすことよって作る「しょうが湿布」や「しょうが風呂」などは、皮膚からのジンゲロールを含有するしょうがエキスを吸収できるため、血液循環を促進するために効果的です。

しょうがは神からの治療の贈り物

しょうがはジンゲロールを含み、しょうがの原産地のひとつであるインドでは、紀元前300年~500年前頃から保存食品や医薬品として使用されてきました。
古くからあるインドの医学書には、その効能のために「しょうがは神からの治療の贈り物である」と書かれています。
ジンゲロールを含むしょうがは、その効果により長い間人々にとって重宝されていました。

ジンゲロールを摂取するときは熱を加えず

ジンゲロールは酸素に弱い性質があり、酸素と接触した状態で加熱すると酸化し、本来の機能を果たすことが不可能になります。
したがって、ジンゲロールを摂取するときは、しょうがに熱を加えず、空気に触れている時間を最小限に抑えることが重要です。
例えば、すりおろしたしょうがを冷奴にのせて食べるときは、食べる直前にすりおろした方がより効果的にジンゲロールを取ることができます。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。けんしょくとは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す