【公式】アサイ OEM・受託製造(小ロット生産)

アサイ配合商品の小ロット生産

アサイ配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。アサイを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

アサイのウェブマーケティング情報

アサイ原料一覧

アサイについて

長い間アマゾンの原住民の生活を支えてきた、ポリフェノール、カルシウム、食物繊維と鉄が豊富な「ブラジルの奇跡」の果実であると言われています。
女性を含め、アスリートに広く愛されており、目、肌、血管、骨の健康など、全身の健康をサポートする果物です。

アサイベリーはベリーではない

アサイーとはワカバキャベツヤシといわれるヤシ科エウテルペ属の植物で、生き残るためにアマゾンの先住民によって食べられてきた紫色の果物です。 「アサイベリー」と呼ばれることもありますが、ベリーのとは異なります。
アサイの木はアマゾン地帯の水辺に生え、多くの幹は1本の木から生えています。高さは約25mです。細長い茎からの紫色の果物の束は約3〜4の束をぶら下げています。一房の果実の重さは3〜6 kgです。
果実は直径約1〜1.2 cmの球形または楕円形で、植え付けてから約2年後に成長します。
食用果実の95%は硬い種子で、食べることができるのは5%だけです。それはその部分のわずか5%に多くの栄養素を保存し、それはまたその優れた栄養価のために “ミラクルフルーツ”、 “ブラジルの奇跡”、 “スーパーフルーツ”などとも呼ばれます。
アサイは、自然治癒力を高め、エネルギーを回復させるので、ブラジル人およびアメリカ人の運動選手にも好まれています。

アサイが日本で注目された理由

日本で注目されるようになったことの一つは、日本のサッカー選手のエピソードでした。サッカー選手は貧血に苦しんでいましたが、当時は日本ではあまり知られていなかったアサイを飲んだり、貧血を改善したり、トレーニング後の疲労から回復したりしながら、体調が改善したと感じました。 この話の結果として、アサイは日本でも知られるようになりました。
アサイはブルーベリーのように見えますが、甘味や酸味はほとんどなく、独特の味はありません。
そのため、ブラジルでは、ピューレにしたひき肉は砂糖とファリニ(キャッサバケーキのフレーク)と混ぜ合わされ、主食として食べられます。私は乾いた肉と海老の塩漬けで食べるのが好きです。
日本ではバナナ、イチゴ、ヨーグルトなどの甘酸っぱい食べ物と混ぜて食べるのが一般的ですが、ブラジルなどでは他の果物と混ぜて食べることはほとんどありません。

アサイは美容や健康には良い

アサイは美容や健康には良いと言われていますが、加工されていない生の果実を得ることは困難です。
その理由は、それが24時間以内に処理されなければ、酸化されるからです。酸化すると、アサイの豊富な栄養素が失われるため、海外への輸出はかつては困難でした。しかし、加工技術と冷凍装置の発達に伴い、アサイ果実の粉砕品と冷凍品が輸出されるようになりました。
現在、日本では粉末タイプと冷凍ピューレが販売されていますが、どちらも簡単にジュースを作ることができます。
その日の気分に合わせてアサイジュースを作っておけば、飽きずに続けることができます。
さらに、他の国々での栽培を防ぐために、それはアサイ果実の大部分を占める種を取り除いた後に取り除きます。種子を食べることは不可能ですが、種子から油と種子を煮込んで作ったお茶は長い間民間療法として使用されてきたと言われています。


けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。けんしょくとは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界の人間は健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者・一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す