【公式】ヘスペリジン OEM・受託製造(小ロット生産)

ヘスペリジン配合商品の小ロット生産

ヘスペリジン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。ヘスペリジンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

ヘスペリジンのウェブマーケティング情報

ヘスペリジン原料一覧

ヘスペリジンについて

ヘスペリジンは緑青みかんなどの柑橘類の皮やすじに豊富に含まれている栄養素

ヘスペリジンはポリフェノールで一種であり、緑青みかんなどの柑橘類の皮やすじに豊富に含まれている栄養素です。
抗酸化作用や末梢血管を強化する作用があるため、血流改善作用、高血圧予防作用、コレステロール低下作用が期待されます。
また、ヘスペリジンはアレルギー反応による炎症を抑える効果もあり、花粉症予防に効果があると期待されています。

ヘスペリジンはビタミンPと呼ばれるポリフェノールの一種

ヘスペリジンは、柑橘系の果物に豊富に含まれている栄養素であり、ビタミンPと呼ばれるポリフェノールの一種です。
ヘスペリジンはもともと発見されたときに、人間の生命活動に欠かせない栄養素であると考えられていたので、ビタミンの一種として「ビタミンP」と命名されましたが、厳密にはビタミンではないことが明らかになりました。現在、ヘスペリジンはビタミン様物質として扱われています。 スペリジンのほかに、ルチンとケルセチンもビタミンPとして分類されます。
ヘスペリジンを含むみかんの皮を乾燥させ、陳皮(ちんぴ)として漢方薬に用いられたり、ヨーロッパでは、ヘスペリジンは静脈の循環を改善するための薬の有効成分として使用されてきました。
ヘスペリジンは、特に青みかんの皮やすじに大量に含まれており、完熟みかんの約10倍の量と言われており、みかんが熟すにつれてヘスペリジンの含有量が少なくなることが明らかになっています。

ヘスペリジンは熱や光の影響を受けやすい

ヘスペリジンは、熱や光の影響を受けやすく、加熱すると効果が失われることがあります。 また、酸化しやすい成分でもあるため、空気に触れると変性すると言われています。
ヘスペリジンは、本質的に水に溶けにくい成分なので、体内への吸収性が低いと考えられていました。
しかしながら、近年、水溶性および非常に高い吸収性を有する特別なヘスペリジンが開発されており、サプリメントとして広く使用されるようになりました。
みかんなどの植物由来のヘスペリジンより、効率的に摂取されることが期待できます。

ヘスペリジンは活性酸素を除去する抗酸化作用を有する

ヘスペリジンは、活性酸素を除去する抗酸化剤や末梢血管を強化する働きが広く知られています。
また、ヘスペリジンは、血圧上昇を抑制する作用、血中コレステロールを改善する作用、抗アレルギー作用、骨密度の低下を抑える作用が期待されています。
さらに、ヘスペリジンはビタミンCの吸収を促進する作用があるので、ビタミンCを効率的に摂取するためにも使用できます。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す