【公式】スピルリナ OEM・受託製造(小ロット生産)

スピルリナ配合商品の小ロット生産

スピルリナ配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。スピルリナを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

スピルリナのウェブマーケティング情報

スピルリナ原料一覧

スピルリナについて

スピルリナは、最も古い植物と言われる藍藻類の一種

スピルリナは、最も古い植物と言われる藍藻類の一種です。その成分の60〜70%は人体で合成されない必須アミノ酸を全て含む良質なたんぱく質でできていて、免疫力を高め、抗酸化作用があるカロテンやビタミンB群を多く含み、 ミネラルも豊富です。 これらはしっかりと体に働きかけ、ダイエットや生活習慣病にも効果を発揮します。

<スピルリナは、ラテン語で「らせん」または「ねじれる」を意味/h4>
スピルリナは、350億年以上前に地球上で生まれた一種の藍藻類で、あらゆる動物や植物の起源と言われています。 スピルリナは、ラテン語で「らせん」または「ねじれる」を意味します。 細胞防がコルクの栓抜きのようにねじれている形からこう呼ばれています。 全長0.3〜0.5 mmの栄養豊富な青緑色の微細藻類です。
藻類には、アサクサノリなどの紅藻類、昆布やわかめのような褐藻類、クロレラやアオノリのような緑藻類、スピルリナ・スイゼンジノリのような藍藻類があります。 スピルリナは淡水に生息する一般的な藻とは異なり、高温、高アルカリ、高塩分といった過酷な環境で繁殖することができる強力な生命力が特徴です。 主に亜熱帯地方、塩湖であるアラビア半島の死海などに生息しています。

スピルリナは健康や美容に効果的な多くの栄養素を含む

灼熱の時代と氷河期を生き延びたスピルリナは、生命力が強く、健康や美容に効果的な多くの栄養素を含んでいます。 たんぱく質、ビタミン、ミネラルを多くに含み、その中のたんぱく質の含有量は50〜70%と非常に高く、これは肉類や大豆のような良質のたんぱく質食品よりはるかに高い数値です。 体内で合成できない必須アミノ酸がすべて含まれているため、理想的なたんぱく質源です。
また、β-カロテンやビタミンB群も他の食品と比較しても、際立ってたんぱく質が豊富です。β-カロテンは、ほうれん草の約70倍です。 さらに、消化吸収率は95%と言われており、栄養素がスムーズに体内に吸収されるという特徴があります。 スピルリナは、その高い栄養価とともに、培養に水を多く必要としない条件が飢餓・栄養不良を撲滅させるとして期待されています。

スピルリナが食用としての脚光を浴びたのは1967年

16世紀のメキシコの高地で繁栄したアステカ王国は、塩湖に自生するスピルリナを常食していたという記録があります。アフリカのサハラ砂漠の東部に位置するチャド共和国でも、湖のほとりに住んでいる先住民部族は、原住民族は遊牧や耕作のできない砂漠の中で重要なたんぱく源として食べていたとされています。
1927年に、ドイツの藻類学者ドゥルピン博士がスピルリナと名付けましたが、スピルリナが食用としての脚光を浴びるのは1967年です。
フランス国立石油研究所のクレメント博士は、スピルリナの豊富な栄養素に焦点をあて、たんぱく質としての研究を続け、メキシコで開催された微生物会議で世界に紹介しました。たんぱく質を豊富に含んだスピルリナを将来の食糧源として報告したことにより、関心が高まりました。現在では研究が進み、世界各国の人工池で大量培養が行われており、健康食品として人々の健康管理に役立っています。また、NASA(米国航空宇宙局)では宇宙食糧として研究されています。

スピルリナは50種類以上の健康・栄養成分を含む

人体は、脂肪や糖質からエネルギーを取り入れますが、ビタミンはそれを有効に代謝するのに必要な成分です。このとき、ビタミンを効果的に作用させるためにはミネラルが必要であり、ミネラルを適切に吸収するためにはアミノ酸、すなわちたんぱく質が必要です。言い換えれば、ビタミン、ミネラル、アミノ酸の相互作用によって、人間は食べたものを血液、筋肉、エネルギーに変えることができます。スピルリナは50種類以上の健康・栄養成分を含んでいます。そしてその消化率は95%と言われています、栄養素が体内で消化吸収される特徴を持っています。
スピルリナは、その高い栄養価と効能と共に、培養に水を多く必要としないことが、飢餓・栄養不良を根絶するための手段となると期待されています。スピルリナのこれらの特性を利用して、食糧難対策のための研究などが行われています。また、NASA(米国航空宇宙局)とJAXA(宇宙航空研究開発機構)が共同で、スピルリナを利用した宇宙の密閉空間で長期にわたり人間が生活できるシステムを研究しています。

副作用や健康上の問題はめったに起こらない

スピルリナは適量の摂取であれば、副作用や健康上の問題はめったに起こりません。 ごくまれに、体調や体質によっては、下痢、発疹、胃の不快感などの副作用が起こることがあります。 副作用と思われる場合は、直ちに服用を中止してください。
また、スピロリナに含まれる葉緑素が分解してできるフェオホルバルトは、光過敏症を引き起こすことがあります。
病気の治療のため、血液を固まりにくくするワルファリンを服用している場合、スピルリナを同時に摂取してしまうと、ワーファリンの働きを弱めてしまう副作用が起きるため注意が必要です。

フラミンゴの羽が美しいピンク色をしているのは

フラミンゴの羽が美しいピンク色をしているのは、スピルリナに含まれるカロチノイドと呼ばれる色素に関係しています。 フラミンゴの羽の色は、カロテノイドの一種であるアスタキサンチンによるものです。 アスタキサンチンは、サケとイクラなどに含まれており、それらの色から分かるように赤い色をしています。 スピルリナ自体の色は赤くはありませんが、スピルリナに含まれるカロチノイドはフラミンゴの体内でアスタキサンチンに変換されるため、スピルリナを含む藻類を食べるフラミンゴの羽は美しいピンクに染まると言われています。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す