【公式】シトルリン OEM・受託製造(小ロット生産)

シトルリン配合商品の小ロット生産

シトルリン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。シトルリンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

シトルリンのウェブマーケティング情報

シトルリン原料一覧

シトルリンについて

シトルリンは、スイカに含まれる栄養素

シトルリンは、スイカに含まれる栄養素で、スーパーアミノ酸とも呼ばれているアミノ酸の一種です。
ウリ科の植物に豊富に含まれており、一酸化窒素の産生を促進することによって血管を拡張する効果があります。
血流を改善し、むくみや冷えを和らげ、疲労を改善し、筋肉・精力の増強効果や美肌を改善すると期待されています。

シトルリンは遊離アミノ酸の一種で、スーパーアミノ酸

シトルリンとは、すいかなどのウリ科植物に含まれる遊離アミノ酸の一種で、スーパーアミノ酸とも呼ばれます。
アミノ酸の大部分は、人間の体内にたんぱく質として存在しており、血管、内臓、皮膚、筋肉などを構成していますが、一方たんぱく質を構成せずに細胞内に分離された状態で一つずつ存在しています。細胞や血管を巡りながら、必要な時にすぐに作用できる状態にあるものを「遊離アミノ酸」と呼んで区別しています。
遊離アミノ酸は、シトルリンの他にGABA、オルニチンも知られており、その高い機能性が注目され、多くの研究が行われています。
また、シトルリンはすいか以外にもきゅうり、ゴーヤ、メロン、冬瓜などの可食部に含まれており、高い安全性が確認されています。食品からシトルリンを大量に摂取することは難しいため、サプリメントの摂取が効果的であるため、シトルリンを含むサプリメントは販売されています。

シトルリンはフランスなどの欧州では医薬品成分

シトルリンは、1930年に日本ですいかから見つかった栄養素です。
シトルリンという名前は、すいかの学名である、シトルラス ブルガリス(citrullus vulgaris)に由来しています。
シトルリンは、特にすいかの原種であると言われているカラハリ砂漠の野生すいかに含まれており、強い日差しを浴び、乾燥した過酷な環境で生き残るために重要な役割を果たす成分であると考えられています。
日本では、2007年8月にシトルリンが食品成分として利用可能になり、現在は主に健康食品として使用されています。
また、シトルリンはフランスなどの欧州での医薬品成分として、アメリカでのサプリメントとして注目されています。

シトルリンの働きは血流改善作用

シトルリンで特に注目されている働きは、血流を改善する作用です。
シトルリンは、血管を拡げる働きをする一酸化窒素(NO)の生成をサポートすると言われています。
一酸化窒素は、血管の平滑筋を弛緩させる作用があり、動脈を拡張させ、血流を改善することができます。
シトルリンは血流を改善することで、むくみや冷えの改善、新陳代謝の向上などの効果が期待されます。
また、シトルリンは肝臓内でアンモニアを解毒する重要な機能を担う成分であるほか、皮膚の水分保持率(NMF)の一つとしても知られています。

シトルリンを効率よく摂取するためには果肉と果皮を

シトルリンは、果肉に含まれていますが、特に皮に豊富に含まれる成分です。
そのため、きゅうりなど皮ごと食べることができる食品とは異なり、すいかなどの果肉を食べる食品は、シトルリンを多く摂取することはできません。
すいかの皮は、洗って炒めることで甘くなるので、炒め物などの食材としても用いることができ、シトルリンを効率よく摂取するためには、果肉だけでなく、果皮もよく使って食べられる必要があると言えます。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。けんしょくとは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す