【公式】マリーゴールド OEM・受託製造(小ロット生産)

マリーゴールド配合商品の小ロット生産

マリーゴールド配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。マリーゴールドを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

マリーゴールドのウェブマーケティング情報

マリーゴールド原料一覧

マリーゴールドについて

マリーゴールドはルテインを多く含むハーブ

マリーゴールドは、黄色の花びらに抗炎症作用と抗酸化作用を持つルテインを多く含むハーブです。 様々な種類が知られており、薬効のあるハーブや観賞用に適したものが知られています。 万能薬として、軟膏、チンキ剤、ハーブティーとして長い間使われてきました。

マリーゴールドの名前は「聖母マリアの黄金」に由来

マリーゴールドは地中海原産のキク科の植物です。 マリーゴールドは観賞用および医療用があり、観賞用は主にフレンチマリーゴールド、医療用はメディカルハーブとしてカレンデュラと呼ばれています。マリーゴーは春に種を蒔き、夏から秋にかけて開花を楽しみ、冬には枯れ、花の色は黄色、赤、暖かいオレンジ色で種類は多種あり、花の大きさは約4〜7センチです。
マリーゴールドの名前は「聖母マリアの黄金」に由来しています。 メディカルハーブとしてマリーゴールドを用いる場合は、観賞用のフレンチマリーゴールドと混同しないためにカレンデュラと呼びます。
カレンデュラは、カレンダーの語源です。 開花期は1ヶ月という長い期間と月経周期との関係にちなんで名付けられていると言われています。

マリーゴールドは古代エジプトで若返り薬として利用

マリーゴールドは、古代エジプトで若返り薬として、そしてヨーロッパの移動型民族は万能薬として使用していたキク科のハーブです。 ヨーロッパや世界各地で栽培されており、朝日が昇ると開き、夕日が沈むと閉じる植物です。
花の部分はハーブとして使われますが、生の状態ではサフランの代わりに使われ、サラダ、オムレツ、チーズの着色に使われます。 他のハーブとの相性もよく混ざります。

マリーゴールドは万能薬として長い間使われてきた

マリーゴールドは、優れた抗炎症効果と創傷治癒効果を持ち、万能薬として長い間使われてきました。 花びらを植物油に2〜3週間かけて作った浸出液、浸出液とミツロウで作った軟膏を湿疹と口唇の荒れに使いました。 ハーブティーとしても使用され、収れん、抗炎症作用があるため、消化不良や胃炎などの症状に効果的です。また、月経不順も有効です。
また、保存のきくチンキ剤として、花弁をそのままサラダやスープに入れて食べたりします。

マリーゴールドはカロチノイドの一種であるルテインが豊富

マリーゴールドの明るい花びらは、カロチノイドの一種であるルテインが豊富です。 抗炎症作用があり、眼精疲労や眼病予防に使われます。フラボノイドや植物ステロール、苦味物質や精油なども含まれます。

マリーゴールドはキク科の植物

マリーゴールドはキク科の植物であるため、キク科植物にアレルギーがある人は注意を払う必要があります。 また、女性ホルモンとして作用するので、妊娠初期に大量に使用することは避けるべきです。

マリーゴールドはメディカルハーブ

マリーゴールドは開花期間が長く、多くの観賞用品種も知られています。 日当たりの良いところであれば、土壌の状態に関係なくよく成長します。 秋にはプランターや庭に種をまき、10度くらいで苗を育てるべきです。 2月頃~5月頃にかけて花を咲かせます。 メディカルハーブとして花を使用するので、この時期は同時に収穫時期となります。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す