【公式】グルコサミン OEM・受託製造(小ロット生産)

グルコサミン配合商品の小ロット生産

グルコサミン配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。グルコサミンを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

グルコサミンのウェブマーケティング情報

原料一覧

について

グルコサミンは軟骨の成分の一つです。 軟骨成分を生成する基本成分であるため、関節部分の細胞の新陳代謝において重要な役割を果たしています。 コンドロイチンと併用して使用されることも多く、日本や欧米では多くの臨床試験によって、関節炎と関節症の痛みを減少させ、改善すると報告されました。

日本ではグルコサミン塩酸塩が主流

グルコサミンは、軟骨の成分であるムコ多糖類の一種で、糖にアミンが結合している成分です。 グリコサミノグリカンと呼ばれる分子の主成分であり、体内の各組織の柔軟性と弾力性に寄与しています。 もともと体内で生産され、軟骨、爪、靭帯、心臓弁などに存在しているが、年齢とともに減少することが知られています。 定期的に摂取することで、変形性関節症と関節炎の予防と改善に効果的です。
現在、サプリメントなどにも配合されており、分子の中に塩酸基があるグルコサミン塩酸塩と、硫酸基があるグルコサミン硫酸塩が使われています。 日本ではグルコサミン塩酸塩が主流であり、欧米ではグルコサミン硫酸塩が主流です。

グルコサミンは、ヨーロッパでは関節炎の治療薬

グルコサミンは、ヨーロッパでは関節炎の治療薬として広く使われてきました。 その中で1960年代に、ドイツとイタリアで関節炎の治療に効果があると期待されると報告されています。
それ以来、マウスやニワトリを用いた実験的研究が行われ、1980年代には人間の変形性関節症への有効性について本格的に臨床試験が行われました。
1990年代以降、アメリカではペットや競走馬などへの関節炎治療として使用されてきました。

グルコサミンは関節の軟骨成分として使用

関節の軟骨は軟骨細胞とその間を埋める細胞の結合組織からなる。 軟骨の60〜80%が水で占められています。 その他、繊維状たんぱく質コラーゲン、ムコ多糖類ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミンが主成分です。 この中の軟骨細胞は、関節軟骨の各成分のいわゆる製造工場のような役割を果たし、同時に古い成分を分解して関節軟骨のバランスを維持するように働いています。
グルコサミンを摂取することにより、吸収されて関節の軟骨成分として使用されることが知られています。

グルコサミンはキチンを加水分解することで得られる

グルコサミンは、カニやエビなどの甲殻類の外皮に含まれているキチンを加水分解することによって得られる成分です。 食材では山芋のネバネバ成分に含まれています。 糖質とアミンが結合されてた天然のアミノ糖の一種です。 グルコサミンは、生体内で骨と骨との間の接合部である軟骨(結合組織)の生成を促進する働きがあり、軟骨、爪、靭帯、腱、皮膚および心臓弁に広く存在しています。 軟骨を形成する成分として、低下した関節の機能を改善し、痛みを和らげるのに効果的です。

人間は加齢により、グルコサミンを生成する能力が低下

人間は加齢により、グルコサミンを生成する能力が低下します。結果として、軟骨は関節にかかる体重や重力の衝撃を軽減する役割も果たせなくなります。そうすると、骨 と骨の接合部の軟骨が、徐々に減少し始めます。軟骨がすり減ると、骨と骨が互いに直接接触し、骨の変形、不快感、痛みを引き起こします。これが中高年に多い膝の痛みなどの関節痛です。
グルコサミンは、関節間のクッションの役割を果たす軟骨構成成分の一つです。グルコサミンを補給することにより、軟骨の摩擦が抑制され、変形性関節症の痛みや腫れを軽減し、損傷した軟骨を修復し、再生を促進する効果があります。また、軟骨の劣化や炎症を防ぐ効果もあります。
スポーツ選手やスポーツに関わる人などは、体の特定の部位に負担をかけることが多くなります。そうすると、同じ部分の軟骨がすり減ってしまいます。加齢だけでなく、スポーツが原因でも軟骨はすり減っていきます。そのため、年齢に関係なく、軟骨のすり減りにも作用するのがグルコサミンです。
グルコサミンは食品中に少量しか含まれていないので、食品だけから十分に摂取することは困難です。そのため、サプリメントで補給が推奨されています。グルコサミンは、単独で摂取するのではなくコンドロイチンと一緒に服用すると相乗効果が期待できます。

膝の痛みや関節の痛みを防ぐためには適度な運動も

膝の痛みや関節の痛みを防ぐためには、グルコサミンを摂取するだけでなく、適度な運動をする必要があります。 年齢に関係なく、ウォーキングやストレッチを日常生活に取り入れることが重要です。 適度な運動をすることで、関節を若々しく保つことができます。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。けんしょくとは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界の人間は健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者・一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す