【公式】田七人参 OEM・受託製造(小ロット生産)

田七人参配合商品の小ロット生産

田七人参配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。田七人参を配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

田七人参のウェブマーケティング情報

田七人参原料一覧

田七人参について

田七人参とはウコギ科の多年草

田七人参とはウコギ科の多年草で、、中国では古くから「金不換」(金では買えないもの)であると言われる程、貴重な秘薬として重宝されてきました。 豊富なサポニンを含み、身体に活力を与えるアルギニン、血管に作用するフラボノイド、そしてビタミンとミネラルなど多くの栄養素を含みます。

中国では「金不換」(金では買えないもの)といわれている

田七人参は、中国の雲南省の海抜約1500m~2000mの限られた地域で生育するウコギ科の多年草で、和名をサンシチニンジン(三七人参)といいます。中国では、止血作用がある生薬として古くから用いられ、雲南省地域で「金不換」(金では買えないもの)といわれるほど貴重な秘薬として重宝されてきました。
田七人参は、サポニンが豊富であることに加えて、体に活力を与えるアルギニン、血管に作用するフラボノイド、ビタミンとミネラルなどの多くの栄養成分を含んでおり、複合的に作用することでより効力を発揮します。

田七人参は根が成長するには約3〜7年ことから名前が付けられている

田七人参には、根をそのまま乾燥させた「生田七」と、ミツロウで処理して高い保存性が高い「熟田七」の2種類があります。 栽培方法によっても、自然と栽培に分けられますが、自然のものは生産量が少ないため、希少なものとされています。
また、田七人参は、薬用部分として使用される根が成長するには約3〜7年ことから名前が付けられていると考えられています。土地の栄養分吸収した田七人参を収穫すると、今後10年間はその土地で雑草も成長することができないほどになると言われています。
黒褐色の田七人参は固い石の塊のようにごつごつしており、より大きなものは多くのサポニンを含むと言われています。

高麗人参と田七人参は効果が異なる

田七人参は16世紀頃、中国で初めて漢方薬に記載され、中国の医学書「本草網目拾遺」には、高麗人参が「補気第一、精がつく」と記されているのに対して、田七人参は「補血第一、力があふれる」と記載されています。これは、高麗人参は注意深く働くのに対して、七人参は血のめぐりに働きかけるということを意味しています。
16世紀末には、田七人参の需要が増加し、野生の田七人参が乱獲などの被害が発生したため、明の時代末期から清の時代初期にかけて、田七人参の栽培化が発展したといわれています。
日本で田七人参が紹介されたのは、昭和30年代になってからだと言われており、現在は健康食品などに配合されています。

田七人参には、止血効果がある特有の成分であるデンシチンが含まれています。
田七人参の仲間である高麗人参などには止血効果はなく、田七人参だけが止血効果があります。 このことから、田七人参の止血作用に作用する成分を調べたところ、アミノ酸の一種であるデンシチンが発見されました。
その効果から、ベトナム戦争で兵士の傷を治療するために使用されたと言われています。

摂取目安量は、生薬成分として1日約2〜5g

田七人参は、粉末状、粒状、エキスを抽出されたサプリメントに使用されています。
摂取目安量は、生薬成分として1日約2〜5gです。 ティーバッグタイプもあり、お茶としても使えます。
また、田七人参は中国の食材としても使用され、中国で健康志向が高い裕福な人々の間では「田七鍋」として食べられていると言われています。

妊娠中や授乳中の摂取は控える必要がある

田七人参には、一般的に問題となるの健康上の問題や副作用はありませんが、まれに口の渇き、動悸、発疹、悪心や吐き気、不眠症などが起きることがあります。
また、妊娠中や授乳中の摂取は、胎児や乳児に影響を与える可能性があるため、控える必要があります。



けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。「けんしょく」とは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界では健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者も一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す