【公式】イミダゾールペプチド OEM・受託製造(小ロット生産)

イミダゾールペプチド配合商品の小ロット生産

イミダゾールペプチド配合の健康食品やサプリメントの製造・販売をご検討の方へ、「けんしょくインフォ」では”小ロット生産”のご提案を差し上げております。イミダゾールペプチドを配合した完全オリジナルの健康商品・サプリメント製品(オリジナル処方でバルクを製造)を最低ロット50袋~から製品化することが可能です。

例)最低ロットの製品化一例
①100袋×60粒/袋(約6,000粒)
②200袋×30粒/袋(約6,000粒)
②50袋×120粒/袋(約6,000粒)
などなどご希望の製品仕様をお聞かせください。
※剤型や包装形態など製品仕様により最小ロット数は変動

イミダゾールペプチドのウェブマーケティング情報

イミダゾールペプチド原料一覧

イミダゾールペプチドについて

イミダゾールペプチドとは、イミダゾール基を有するアミノ酸を含んだいくつかのアミノ酸が結合しているペプチドであり、カルノシンやアンセリンなどの種類が含まれています。 それは人間の筋肉で生産され、活性酸素を抑える働きがあります。 動物の骨格筋に広く分布しており、渡り鳥の胸肉に豊富に含まれています。

イミダゾールペプチドは魚肉に多く含まれる

イミダゾールペプチドとは、2つ以上のアミノ酸が結合したペプチドであり、鳥類や魚類などの動物の筋肉に含まれ、動物の脳や心臓、肝臓や腎臓、神経系や骨格筋などに広く分布している。 身近な食べ物では、特に胸肉、マグロやカツオなどの魚肉に多く含まれています。
寒くなると西アラスカの北極圏で繁殖するオオソリハシシギは、オーストラリアやニュージーランドなどに越冬します。 アラスカからニュージーランドまで約11,000 kmもの距離を休むことなく飛行します。 数千kmも眠らずに渡り鳥が「疲れ知らず」でいられるのは、、イミダゾールペプチドの働きによるものです。
イミダゾールペプチドには、アンセリン、カルノシン、およびバレニンなどが含まれます。

イミダゾールペプチドと抗疲労

イミダゾールペプチドの発見は驚くほど古く、1900年までさかのぼります。哺乳類の骨格筋中で最初に発見されましたが、その後に様々な種類の脊椎動物で発見されました。さらなる研究が続けられ、渡り鳥を祖先にもつガチョウの骨格筋中において豊富であることが発見されました。特に、イミダゾールペプチドの濃度が高かった場所は、羽を動かす胸の部分です。
その後、研究を通じて疲労の程度を数値化することに成功し、イミダゾールペプチドと抗疲労に関する研究が劇的に発展しました。
イミダゾールペプチドの抗酸化活性は、1988年に変異原性試験の開発者であるAmes博士らによって報告されました。カルノシンやアンセリンを人間が摂取すると、血中で単独のアミノ酸に急速に分解され、骨格筋中に移行しカルノシンに再合成されると考えられています。、その時、抗酸化作用が発揮されます。この抗酸化作用について、人間の疲労試験で明らかに変化を確認できたのは、イミダゾールペプチドのみだったと報告されています。

イミダゾールペプチドは疲労感を軽減

イミダゾールペプチドの主な特徴は、疲労を溜まりにくくすることです。筋肉中の疲労物質である乳酸の分解を促進し、疲労感を軽減します。また、体内の老廃物である尿酸の量を調節し、余分な尿酸を排出する働きがあり、尿酸値を抑える効果があります。
1999年に厚生省(現在の厚生労働省)疲労調査研究チームが実施した疫学調査によると、日本人の3人に1人は6ヶ月以上続く慢性的な疲労に苦しんでいると報告されています。
疲労は運動や仕事によってストレスを受けているとき、またはデスクワークなどで精神的なリスクやプレッシャーがかかった時に見られます。疲労が増すと、作業効率も低下します。この主な原因は、活性酸素です。特定の筋肉や神経細胞に負荷がかかると、大量の活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞内の遺伝子であるDNAを損傷し、細胞の異常や細胞死を引き起こします。それらの不要になった細胞や古くなった細胞は排除され、代わりに新しい細胞が生成されます。しかし、年をとるにつれてその働きは衰えます。これが老化現象と呼ばれます。その結果、体内に排泄物が増えて蓄積し、身体機能が低下し、さまざまな病気の原因を作り出してしまいます。
イミダゾールペプチドは抗酸化作用があり、疲労の原因となる活性酸素を抑えると期待されています。

イミダゾールペプチドは活性酸素を除去

イミダゾールペプチドは、疲労を軽減するのに不可欠な成分です。 その強い抗酸化効果に注目が集まっています。 身体的疲労の場合は、筋肉、精神的疲労の場合は、脳神経細胞において酸化ストレス状態が高い状態になっていると考えられています。 活性酸素が過剰になり、生物を構成する核酸やタンパク質、脂質を酸化し、細胞が傷つけられ異常を引き起こします。
イミダゾールペプチドは、疲労の原因の一つである活性酸素を除去し、酸化ストレスを抑える働きをします。

精神的疲労と肉体的疲労

疲労には精神的疲労と肉体的疲労があります。 精神的疲労には、「イライラする」、「やる気が出ない」、「不安を感じる」などがあります。 肉体的疲労には、「肩こり」、「腰痛」、「頭痛」、「日中の眠気」があります。 しかし、人間の精神面と肉体面は別々に考えることはできません。 「病は気から」と昔からいいますが、精神的なストレスが要因で頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。 精神疲労も肉体疲労も実際には、同じ活性酸素によって損傷を受けた細胞が脳に信号を送っているのです。 体がそれを意識していなくても、精神面から脳から体に送られ、体の機能が低下し、それが病気の発症の原因となります。 過労死も大きな社会問題となっています。 十分な睡眠をとり、できるだけストレスをかけないことが重要です。


けんしょくインフォ(健食インフォ)は健康食品・サプリメントに関する情報を共有できるコミュニティ・掲示板サイトです。けんしょくとは健康食品の「健」と「食」を合わせた造語でサプリメント業界の人間は健康食品を健食(けんしょく)と呼んでいます。けんしょくインフォは健康食品・サプリメントの情報を簡単に検索できます。業界関係者・一般消費者の方もいつでもどこでも無料で使い放題です。

けんしょくインフォ管理人:けんこうおう

コメントを残す